aboutsummaryrefslogtreecommitdiffstats
path: root/html/drivers/driver40-ja.html
diff options
context:
space:
mode:
Diffstat (limited to 'html/drivers/driver40-ja.html')
-rw-r--r--html/drivers/driver40-ja.html12
1 files changed, 10 insertions, 2 deletions
diff --git a/html/drivers/driver40-ja.html b/html/drivers/driver40-ja.html
index 99ca4827dfa1..8b24fdc9b1c1 100644
--- a/html/drivers/driver40-ja.html
+++ b/html/drivers/driver40-ja.html
@@ -52,15 +52,22 @@
<dl>
<dt>server &nbsp; 127.127.40.X &nbsp; mode 1</dt>
<dd><br></dd>
- <dt>fudge &nbsp; 127.127.40.X &nbsp; time1 0.NNN &nbsp; flag1 0|1</dt>
+ <dt>fudge &nbsp; 127.127.40.X &nbsp; time1 0.NNN &nbsp; flag1 0|1 &nbsp; flag2 0|1 &nbsp; time2 H</dt>
<dd>
<p>Time1 は、受信機からの時刻に加算する調整時間を、固定小数点形式の秒で設定します。<br>
この受信機には、数10ミリ秒 ( 0.0NN秒 ) から百数10ミリ秒 ( 0.1NN秒 ) の調整時間を設定すると良いでしょう。</p>
- <p>Flag1 は、時刻同期には無関係です。Flag1 を 1 に設定すると、状態を問い合わせるコマンドを DATE コマンドと STIM コマンドの前に発行して、応答を clockstats ファイルに記録します。</p>
+ <p>Time2 は、STUSコマンドの応答が adjusted ではなくなってからの猶予時間を時単位で指定します。<br>
+ この猶予時間は、flag1 と flag2 を共に 1 に設定したときに有効です。</p>
+ <p>Flag1 は、flag2 を 1 に設定しない限り、時刻同期には無関係です。Flag1 を 1 に設定すると、状態を問い合わせるコマンドを DATE コマンドと STIM コマンドの前に発行して、応答を clockstats ファイルに記録します。</p>
<table border="1" summary="fudge flag1">
<tr><td>0 (Default)</td><td>DCST と STUS コマンドは、発行しません。</td></tr>
<tr><td>1</td><td>DCST と STUS コマンドを、発行します。</td></tr>
</table>
+ <p>Flag2 は STUSコマンドの応答が adjusted の時だけ、時刻同期処理を行う指定です。この機能を使うときは、flag1 も同時に 1 に設定する必要があります。</p>
+ <table border="1" summary="fudge flag2">
+ <tr><td>0 (Default)</td><td>常に、時刻同期処理</td></tr>
+ <tr><td>1</td><td>adjusted の時だ、け時刻同期委処理</td></tr>
+ </table>
</dd>
</dl>
<br>
@@ -194,6 +201,7 @@
<li>
<p><a name="mode-4">シチズンTIC &nbsp; JJY-200</a> &nbsp; <a href="http://www.tic-citizen.co.jp/">http://www.tic-citizen.co.jp/</a> (日本語)</p><br>
+ <p>JJY-200 は、2013年に販売終了となりました。</p><br>
<dl>
<dt>NTPの設定 ( ntp.conf )</dt>
<dd><br>